フィットちゃんランドセルの口コミを知りたい!

少し前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを孤児院などの施設に寄付する運動がありましたね。

寄付する気持ちとは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望がミスマッチすることもあります。

実際にこの現象のきっかけとなった人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と発信しており子供達の支援が広がるきっかけになればというところがメインだったようです。

皆さんも人にプレゼントする際は受け取る相手が本当に本当に必要なものかを考えて贈りたいですね。

夏休みも近くなり、ラン活も本格的になる時期になりました。

ネット上の調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などのブランドは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系やフィットちゃんなどのブランドランドセルを検討している場合は早めに動かなければいけないということからこの話が出ているようです。

ただ、早く決めすぎた場合、子供の心変わりが起きると困ります。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてことも考えられます。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算で安く買える場合もあり、入学3ヶ月前なら体型も変わりにくくなので体に合ったものが選びやすいです。

小学校を卒業した際に悩む方が多いのが使わなくなったランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう人も多かったですが最近では財布やパスケースにリメイクするサービスの人気が上がっています。

ランドセルは小学校在学中の長期間使うことを前提としているため撥水性や耐久性に優れた素材で6年使ってもまだまだ使える状態のままが多いです。

そのため、愛着を持っているけどそのままでは使えず、進学した際に通学で定期券を入れるパスケースにしたり例えば、進学した際に定期券を使う場合はパスケースに仕立てるなど財布などにして買ってくれた親族にプレゼントする人も多いようです。

そのため、愛着を持っているけどそのままでは使えず、撥水性や耐久性に優れ6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

財布やパスケースにリメイクするサービスが最近人気になっています。

例えば、パスケースにしたり、財布にして進学すると使わなくなるランドセルの処分です。

最近では商品を選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを基準に選んで後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びにも通じます。

初めてラン活をする際は評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場や展示会に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造工場はどこかといった売り場に並ぶまでの情報と言われています。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるのでどれを選べば良いか結局決められないという話も聞きます。

一番簡単な選択方法としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなどの企業は質が安定して高いです。

皆さんが来年入学の子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店へ行く人が大半だと思います。

中には、店舗まで行くのも大変だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で購入するのが悪いとは言いませんができれば1回は百貨店などの売り場で現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さやサイズはわかっても実際に背負ったときの体感重量や丈夫さなどが不明な点が多く6年間使い続けることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍など細かいディテールも確認できます。

また、通販だと数が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

夏になりラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際の注意点がいくつかあるのでチェックしておきましょう。

例えば、入学する小学校には色やデザインの指定がないかやA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

店頭に行った際に注意したいのが丈夫さや軽さです。

ここでいう軽さはランドセル単体の重量ではなく他にも万が一子供が壊してしまったときのための他にも6年間の修理保証がついているとここまで色々書きましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

皆さんが小学生の時、通学する際はどんなカバンで行っていましたか?多くの人がフィットちゃんのようなランドセルだったと思います。

自分の子供が小学校へ入学する段階になりラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに色々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方に困ったら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例えば、購入時重視した面ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを選ぶとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さが重視ています。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、といったことなどです。

小学校への入学時は教科書や体操服、上履きなど考えていた以上に費用がかさみます。

特に口コミで評判の良いフィットちゃんランドセルは価格に幅がありいいものは高くなりがちです。

参考:フィットちゃん買いました!評判どおり?【口コミ感想は?】

販売員をやっていた知り合いのアドバイスによると予算としては3万円以上にしておくとある程度の品質が見込めるようです。

実際の売れ筋も4万円台というネット上の調査結果もあります。

その中でもできるだけ安く購入したいという場合はセイバンなどの国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、機能的にほぼ変わらない型落ちのフィットちゃんランドセルやキャンセル品がかなり安く買えます。

最近はリビングで予習や復習など勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中できて、親にわからないところを聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするので勉強机を必要としない家庭もあるようです。

リビングにランドセルを置くとインテリアとの調和性が不安となり、ただリビングに置くと家具と合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを使って解決してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下の隙間にカラーボックスを置いてみたり、現在リビングで使っているラックの一部をランドセル用に使う、床に置く場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子はほぼ選択肢がなかったですが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、もう黒と赤は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気はあります。

確かにここ数年、水色や紫といった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番人気を争い続けています。

また、メーカーによってはピンクに近い色合いも赤系に含める場合があります。

なので、選ぶのに困ったら定番色から選ぶのも全然アリですよ。

この前、プライベートでランドセルについて調べていたらアディダスのロゴ付きのランドセルがある時代なんですね。

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の情報を調べると学習院モデルではしっかりとした箱型でそのため通常の日本メーカーの製品と比べると傷がつきにくくお手入れが簡単なようです。

反射プリントになっているので冬場など暗くなる際に安心です。

施されているので思い教科書の負担が減り徹底して使いやすさにこだわっているようです。

ここ数年、夏休みの時期になるとデパートなどではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている場合は早くラン活をしている傾向のようです。

工房系の製品は店頭販売せず通販限定になっていることも多くできれば実物を確認しておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から各メーカーかの展示会や様々なメーカーが集まる合同展示会もあるので利用してみてはいかがでしょうか。

ここ数年、夏休みの時期になると百貨店などでは実は、早い人は4月頃にはラン活をスタートていると言われています。

ランドセルの特設コーナーが開催されているのをよく見かけます。

工房系の製品は通販限定になっていることも多く特に工房系の製品などは生産数が限られている製品を狙っている場合は年々、購入時期の早まっているランドセル商戦ですが2019年入学のお子さんをお持ちの親御さんはすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能数があるため7~8月中に売り切れる見通しとなっているようです。

まだ購入されていない方向けに今年のトレンドを推察します。

規格としてはA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどのメタリックカラーから「上品で知的」な方向へ変わっているようです。

女子向けではアクア(水色)やパープルの人気は落ち着き、以前から人気のブラウン系カラーが流行です。

オーソドックスな赤系もどちらかというとピンクや朱色に近い色味が売れているようです。